株式会社 一光

お客様のニーズに立った革新的な技術と経験で
各種コンテナの開発設計、製造を行っております。

新着情報

2018.11.15
トヨタプロジェクトU54A 31フィートウイングの量産1次分が出荷されました。13回にわたって出荷されます。
2018.10.25
トヨタプロジェクト始動開始。 U54A 31フィートウイングの試作品1台が本日から日本で試験運用を開始しました。
2018.10.12
東芝向け 40F M.R.I運搬用コンテナのラックベースが 出荷されました。
2018.10.08
マルエーフェリー(株)向け 20Fハーフコンテナ(4本柱, 3面壁)が出荷されました。
2018.07.26
中央通運殿向け31フィートウイングが出荷されました。

海上・鉄道・特殊コンテナの開発設計と製造の分野で信頼と実績を誇っています。

我々一光は1989年 日本のユーザ向け各種コンテナの開発、製造を行ってまいりました。海上コンテナ、鉄道コンテナ、さらには高機能な特殊コンテナまで数多くの実績を誇っています。とくに最近のモーダルシフトに合わせた特殊コンテナは高い評価を得ております。発電所向けパワーモジュール積載コンテナ、電池収納コンテナ、制御装置積載コンテナなどへのキメの細かい設計と熟練の製造技術でご満足のいく製品をお届けいたします。

ここで、現在最も力を入れている取り組みをご紹介します。
コアキーワードとして「モーダルシフト進化」「環境対応」「保管機能と物流機能の一体化」をテーマとしたそれぞれのニーズに対応するコンテナの開発です。 
急激に変化するモーダルシフトロジスティックと共に以下のコンテナを製造しています。

鉄道における大型コンテナ 定温輸送コンテナ
廃棄物輸送用コンテナ
プラント原料保管と輸送を組み合わせた特殊コンテナ
海外土木プロジェクト向けの発電設備コンテナ 等

あらゆるコンテナのご相談に誠意をもって対応させていただきます。
ぜひ 一光 にご連絡ください。

代表取締役社長 金 石潤 (S.Y. KIM)
本社事務所
日本のお客様との信頼の証です。
国際海上コンテナ船級協会認定 JR貨物認定 ISO9001取得

会社概要

会社名:株式会社 一光 (かぶしきがいしゃ いちこう)
所在地:韓国 慶尚南道 安郡 郡北面 オザングゴールギル110-1
業種:海上コンテナ 鉄道コンテナ 特殊コンテナの開発製造
設立:1989年9月14日
従業員:65名
資本金:328,000,000円 (2018年7月)
主要取引先・ユーザー
日本通運株式会社 日通商事株式会社 日本貨物鉄道株式会社 
JR貨物南関東ロジスティック株式会社 札幌通運株式会社 中央通運株式会社 
三菱重工業株式会社 東芝物流株式会社 日立物流株式会社 マルエーフェリー株式会社 
陸上自衛隊 海上保安庁 石油連盟 株式会社 O's & Tec など 

ページの先頭へ